友達からお金を借りるとき、何と言えばいい?

僕の現在の状況

スポンサーリンク

 

 

友達からお金を借りるには?

お金を貸してください

お金が足りないとなった時、友達に借りるのも一つの方法です。
友達と食事に出かけたけれど予定より豪華なお店に入ってしまい予算がオーバーしてしまったり、ショッピングをしていたら前から欲しかった商品を見つけたけれど手持ちがなかったり。

 

立て替えてもらって、すぐに返す程度のお金の貸し借りは友達間でよくあることです。
数百円や数千円程度で使用する目的がはっきりとしていて、すぐに返済してもらえるのなら貸してもいいと思う人も多いでしょう。

 

ですが10万円、20万円…と金額が大きくなると貸してくれる友達は少なくなります。
そのような場合、お金を借りるにはどうすればいいのでしょうか。

友達からお金を借りるとき、何と言えばいい?

友達にお金を借りるには、何を言えばいいのでしょうか。

 

当たり前ですが、お金が必要な理由を正直に話して、いつまでに返済できるのかをはっきりと伝えることです。
確実に貸してくれる魔法の言葉などはありません。
誠心誠意お願いするしか無いのです。

 

次のような言葉は、相手を説得できるような気がしますが、実際は逆効果です。

 

  • 「あなたしか頼れない」

     

    この言葉を聞いて、嬉しいと思う人はほとんどいません。
    逆に、甘く見られていると感じるケースもあります。
    本当に仲の良い友達なら、あなたの交友関係をある程度知っているでしょうから、”あなたしか”という言葉は白々しく聞こえます。
    あなたの交友関係を全く知らないなら、判断基準がないので”そんなことは無いだろう、だまそうとしているのかしら”と思うかもしれません。

     

     

  • 「他の人は貸してくれなかった」

     

    かわいそうだからと貸してくれる人もいるでしょう。
    ですがほとんどの場合、信用されていないから貸してもらえないと考えます。

     

    どちらの判断をするかは、相手があなたをどれくらい信用してくれるかによります。

     

  • 「他に借金があって困っている」

     

    返済できないから借金が残っているのです。
    そんな人に貸そうと思う人はいません。

     

  • 「どうしても欲しいものがある」

     

    お金を貸す理由としては、弱すぎます。
    あなたの趣味や欲望のために、お金を貸そうと思う人はいません。

     

 

友達にお金を借りたら「借用書を作成する」べきだという意見があります。
友達だからこそお金の貸し借りの条件を明確にして、証拠となるものを用意する必要があるのは間違いではありません。
ですが「借用書を作成」したからといって、相手が安心してくれたと思わないで下さい。
手元にお金が戻ってくるまで不安なのです。
そのまま逃げてしまうのではないかと思っているかもしれません。
時々近況を報告するなどして、相手に安心してもらう気遣いが必要です。

 

友達以外からお金を借りられないか考える

友達にお金を借りるのが、手軽で安全だと思っている人も多いようです。
ですがそれが原因で仲が悪くなったり、縁が切れてしまったというケースが多いのも事実です。

 

ここで気をつけないといけないのは、友達にお金を借りる相談をしただけで縁が切れてしまったという事例もあることです。
どんなに仲がよい友達だとしても、お金を貸したくないという人は多いです。

 

またお金が無いので貸せなかったというケースでも、悪いことをしてしまったと気に病む人もいます。
罪悪感からあなたに合うのが嫌になってしまうのです。

 

お金を借りようとする行為は、友達関係に影響すると思った方がいいのです。
そのため、本当に友達から借りる必要があるのか良く考えましょう。

 

次のような考えは止めてください。

 

  • 消費者金融から借りると利息がかかるから嫌

     

    友達は貯金箱ではありません。
    本来なら友達にも利子を払うべきです。

     

  • 消費者金融から借りると返済できない

     

    消費者金融からお金を借りて返済が出来なくなるのは、あなたの能力以上の金額を借りるからです。そのような金額は、友達から借りたとしても返済できません。

     

  • 親から借りたくない

     

    最初に友達に頼るのは間違いです。
    お金の使い道にやましい事がないなら、親を頼るべきです。
    難しいなら消費者金融や銀行のカードローンを利用するべきです。
    友達に頼る場合は最後の手段とし、友達関係が悪くなる覚悟が必要です。

     

 

スポンサーリンク

二回以上友達からお金を借りないようにしましょう

友達からお金を借りたら、必ず約束を守って期限までに返済しましょう。
もし返済できなくなってしまった場合、隠さずに謝ることが大事です。

 

怒られるのが嫌だからといって黙っていたら、確実に嫌われてしまいます。
そしてお金に関する話は周囲に伝わりやすいので、他の人のあなたに対する信頼も失うかもしれません。

 

そこまで行かなくても、友達は善意でお金を貸してくれているのです。
もしかしたら、あなたと同じようにお金が足りなくて困っているかもしれません。

 

どうしても今すぐ返して欲しいと言われることもあるでしょう。
それに対して、どうして分かってくれないのだと怒るのは間違いです。

 

自分の事だけでなく相手の気持ちを考えましょう
場合によっては、消費金融などから借りてでも返済するべきです。

 

 

お金を返済した後も、重要です。
なぜお金が足りなくなってしまったのか考えて改善する必要があります。

 

友達に再度、お金を貸して欲しいと言ったら相手はどう思うでしょうか。
「またか」と呆れるのは間違いありません。
そして「全く反省していない」と判断されます。

 

「困っている」のだと、どんなに説明しても白々しく聞こえてしまいます。
もしお金を貸してもらえたとしても、少しずつ距離をとるようになるでしょう。

 

そうならないように生活を見直して、何回もお金を借りることがないようにしましょう。

 

僕の現在の状況

スポンサーリンク


お金を借りて後悔しています! お金を返せない。どうすればいい? お金を借りるとき何と言えばいい? お金を貸してくれと言われたら?