返済できる金額のみを借入しましょう

スポンサーリンク

 

 

返済できるか見極めるのが大事

キャッシングを行う際には自で使いやすい返済を心がける事、また返済しやすい金額に調整することができる金額を上手に検討することが大切です。

 

出来ればしっかりと金額を調整して、返済できる金額のみを借入しましょう。

 

借りた金額にはしっかり利息が加算されますので、それを忘れてはいけません。

 

利息は年利で表示されています。

 

チラシやホームページなどで『4.0%〜18.0%』など、パーセンテージで表示されているのが一般的です。

 

パーセンテージが高いほど利息が多く、低いほど利息が少なくなります。

 

初回申し込み時に個人の信用度などを基に借入限度額が決められますが、この金額が多いほどパーセンテージが低くなる傾向があります。

 

ですが一般的なサラリーマンであるならば、上限に近いパーセンテージと思っていたほうがよいでしょう。

 

借入限度額は適度に借りて、問題なく返済する。年収を上げるなど、自分の信用を高くすることで、上がる可能性があります。

 

 

 

 

キャッシングは自分が責任を持って返済できる金額を借りることが第一です。

 

支払いができなくなってしまいますと、延滞金を徴収されてしまいます。

 

ひどい場合は、後のローンの借入に影響し、住宅ローンやマイカーローンを利用できないなど、とても困る事態に陥る可能性があります。

 

そのようなことにならないように、借入する金額を十分に検討し、出来ればバランスよく返済を行えるようにしましょう。

 

無理をしてでも早く返済するほうが利息が低くなります。

 

ですが後の生活資金までも返済に充ててしまったら、またキャッシングをするハメになります。

 

 

分割での返済可能なキャッシングやカードローンなどを選択するなどして、無理のないようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

●モビット●

モビットはまさかの最低金利3.0%

他が4%台なのでとても低いです

友達にお金を借りて失敗した僕は、

困ったとき消費者金融を利用することにしました。

本当に困ったときだけ、ここを利用しています。

人との付き合いに影響しないので、気が楽です。


関連ページ

消費者金融会社の利用経験
消費者金融会社の利用経験です。
銀行カードローンに関することについて
銀行カードローンのメリットとデメリットについて説明しています。

お金を借りて後悔しています! お金を返せない。どうすればいい? お金を借りるとき何と言えばいい? お金を貸してくれと言われたら?